プリンセスチュチュ

2015年3月25日 (水)

ネルトリンゲン!

遂に行ってきましたよネルトリンゲン!
チュチュの聖地巡礼…!

何気に自宅から近かったやっぱり。
車で一時間半くらい。

もう、遠くから門が見えただけでテンションMAXでした(((o(*゚▽゚*)o)))
しかし城壁の外は普通にチェーン店がひしめいていて、中と外では本当に別世界ですね。

中の世界は、本当に古い街並みが保存されていて、ウホウホ言いながら見てまわりました。
ものの数分で街中心のダニエルまで着いてしまったので、街の小ささを体感しました。
そんなとこにも妙に感動したり(笑)

もうね、ちょっとした小道とか家と家の間の隙間とか、田舎育ちの私には誘惑が多すぎる。
とっても雰囲気があるのですよ。
小さい愛すべき街ですね。

もちろんチュチュに出てきた物や建物もチェックしてきましたよ!

戦争の(戦士の)泉:ふぁきあが夜な夜なみゅうとの剣の復活のためのあやしげな儀式をしていた噴水(誤)

市庁舎のレリーフ:エデルさんが教えてくれた地下への入り口

ダニエル:物語の生まれる場所。登るのマジでキツかった…

クレステルレ:あおとあの家。小さい入り口の前であおとあっぽいポーズで写真とって道行く人に変な顔されたけど気にしない。

城壁内部:あひるがみゅうとを探して朝から一周したと思しき城壁。小さい街とはいえ、一周するのは結構骨でした。

城壁外の公園:ジゼル回で幻のお屋敷があった場所。

教会通りの赤い建物:ピザ屋さん。本当にピザ屋だった。

ほんとは水車も見たかったのですが、下調べしなかったので場所がわからず。
次回持ち越しです。

あと聖地ではないけど、アイスを食べて帰りました。
作中でもアイスを食べるシーンがありましたが、ドイツ人ってほんとにアイス大好きね。

それから、今日知ったのだけれども、ドイツには「うずら」って人の名前があるんですね!!
日本のアニメだから「うずら」なのかと勝手に思ってた。発音的には「うずーら」になる?のかな?
ちょっと不確か。

ちなみにネルトリンゲンには他の日本人も結構来てました。
やっぱり進撃の巡礼なのかしら…?






















| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

Fakiru Week ふぁきあひウィーク

またまたご無沙汰しております。

PixivのほうでFakiru Weekが盛り上がっておりますね!

皆さんのイラストやショートストーリーが素晴らしすぎて泣くよ、泣く…!!!

特に、「プリンセスチュチュ」は実はふぁきあが書いたものなんじゃないか、という解釈の作品があって、ああ、なるほど!!と感動しましたとさ。

スケジュールに沿う自信も意志も無いのですが(いばるな)、可能な限りお題の絵を描いてアップしていきたいと思います。

一発目のYellowの絵はプリンセスチュチュのアトリエにアップしました。

お題?スケジュールってなんぞ?という方はPixivでプリンセスチュチュを検索してみてください。(The 不親切!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

(続)チュチュXバイオ6なんてどうだろう

やっとこさ絵が完成した…!!

Tutuxbio6_

最初はなんとなくキャラをあてはめただけだったけど、wasakiさんの指摘どおり、Boy Meets Girlはふぁきあひじゃないか!と気づいてからもうそういう目でしか見れないw

そしてるうちゃん(=青エイダ)、みゅうと(=レオン)も増えたよ!

ほんとるうちゃんは何着ても似合うね。

で、このネタ描いたからには描かなきゃならんものがもう一つ。

Tutuxbio6__2

例の実験施設からの脱出の際の再会シーン!!

あの実験着けしからん!!!

そしてふぁきあも半裸なのであった。拘留中だから髪も下ろしてるといいなーなんて。

まああひるの場合はシェリーほどムチムチにはならないだろうけども。

再会できた喜びを表現しようにもシェリーの格好がまず問題で思わず目を背けてしまうジェイク、なにこのふぁきあ属性?www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

チュチュXバイオ6なんてどうだろう?

と思って描き描き中。

Tutuxbio6_

あひる「あんたなんかふぁきあがやっつけちゃうんだから!」(ガクブル)

ふぁきあ「…(ついさっき『ふぁきあはあたしが守る!』って言ってたような)」

これじゃぜんぜん分からないけどシェリーの服は可愛いから好き。冬服もまたイイんだよね( ^ω^ )

サスペンダー、なんかセクシーだな。なんで??

ジェイクのこの服も好きだけど、やっぱあのハゲ坊主頭じゃないとしっくりこんねぇ。

冬服もかっこいいが、やっぱ軟禁中の半裸がインパクトあったw

シェリーの実験着?は言うまでもない。

余力があればみゅうととるうも増える予定。配役はお楽しみで♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

チュチュイベント続報

某ちゃんねるに、今月のチュチュのイベントの続報が載ってました。

何やら特別メニューが準備されるとのこと(((o(*゚▽゚*)o)))

その1:あひる大好きドイツパン
その2:ふぁきあ家の朝食
その3:みゅうとのおいしいお水


うわぁ〜〜〜いいなぁ!行きたくなっちゃうじゃないかぁ。・゜・(ノД`)・゜・。
その2は、劇中でも美味しそ〜〜って思ってたんですよね!
しかもあのふぁきあが作ってくれてるんですよ!?
粗暴そうに見えて実は家事の出来る男、そのギャップがまた…( #´Д`#)
多分その時あひるがむしゃむしゃ食べてたのがドイツパン?
ああ、のどに詰まらせてふぁきあにホットミルク補充してほしい…

その3は、3話のあれですかね。
結局おいしいお水は見つからなかったんだけど(^^;;

あと本編に関連するメニューってなんだろう?
ドロッセルマイヤーの紅茶とか、単純なのしか浮かばん。
あ!るうちゃんの、カラスみゅうとにぶつけて台無しになったサンドイッチとかは!?
(こう書くとすげー切ない場面なのにそれも台無しw)
猫先生の好きなピザはどうだろう??
こうしてみると、結構食べ物出てきてますね〜。
間違ってもアヒル料理は出ないだろうな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

気になる!!

何やらプリンセスチュチュ関連のお知らせが発表される様子。


ドドドドドドドド……(ジョジョ風に)

うああ気になる!!( ;´Д`)


BDなんですか!?そうなんですか!?
PS3買っといてもいいですかね!!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

鳥あひると

ふぁきあ。

__

鳥あひると仲間達 第2弾はふぁきあとの組み合わせです。

もう何回も言ってますがね、男性は難しいですよ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月31日 (火)

チュチュ絵やっとアップ

大変ご無沙汰しております…。

いやもうなんでこんなに時間が無いのか…orz

ただでさえ最近友人の結婚式やら演奏会が続くのに、今度は地元のオーケストラへの出演の依頼がありそうで死ぬ。

オーケストラってやったことないですが、一人ひとりの管楽器の責任がものすごい大きいイメージなんですよねぇ。

吹奏楽と違って、フルートなんか一人が一パート受け持つし、弦楽器に比べて音がでかすぎるので、間違えると被害甚大(間違えんなよ)

でもオケに対する憧れはありますね♪

もしやれるんだったら、エグモントやりたい!!

ふぁきあの騎士としての暗く重い雰囲気を味わいたい!!!

-----

さて、ずっと前から描いているチュチュの絵がとりあえず完成しましたのでアトリエにアップしときます。

Photo

チュチュで「真夏の夜の夢」。

描いてて楽しかったhappy02

ほんとはハーミアやライサンダーやボトムさんも入れたかったのですが、そうするといつまでも終わらない感じだったので断念…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

チュチュ絵続き

ちょっとだけご無沙汰しております。

演奏活動のせいで更新もお絵かきも全然できなかったお…

こないだのチュチュ絵の続きは今日手をつけました。

ふぁきあさんがご機嫌ナナメな理由はコレです。

Photo

じゃん!

るうちゃんが相手役。

真夏の夜の夢は、妖精の王様と女王様がケンカをする話なんですが、劇中のピリピリした雰囲気を見てると、ふぁきあ氏とるうちゃんが演じたらすごい自然な感じになるんじゃないかと思ってネ!

シナリオ通りに仲直りしてくれるかどうかは謎。

チュチュでは最後まで普通に接している描写がなかった2人ですが、こうして並べてみると、これはこれでお似合いに見えなくもない。

ちなみにあひるも妖精役で出演予定(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

スランプです。

いや、別に今に始まったことじゃないんですが…

Photo_2

思ったように色が塗れなくて悶々としていたらふぁきあさんもこんなにイラついていらっしゃいます。(嘘)

デアゴスティーニから届いた「真夏の夜の夢」が以外に面白かったので、それにちなんだチュチュ絵を作成しています。

まず音楽が良いですね!シンプルで楽しくて、何度でも聴きたくなってしまいます。

コミカルな演技に心惹かれるのは、未だ私がバレエを深く知らないからかと思うのですが、

やっぱりキブンが上がる作品は良いですねshine

という訳で上のは妖精の王様・オーベロンに扮するふぁきあです。

何故にこんな顔をしているかというと相手に問題があるから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)